■ページ本文テキスト■

1日本が有する世界遺産のうち奈良県内にある3件の「法隆寺地域の仏教建造物(1993年登録)」「古都奈良の文化財(1998年登録)」「紀伊山地の霊場と参詣道(2004年登録)」や、県内4番目の世界遺産候補の「飛鳥・藤原の宮都とその関連資産群(2007年暫定リスト記載)」をはじめとする第一級の文化財と、これらを取り巻く歴史的風土や豊かな自然環境に囲まれた「奈良・大和路」でのコンベンション開催は参加者の心に残る、より格調高いコンベンションになることをお約束します。写真/平城宮跡大極殿(左)・朱雀門(右)写真提供:いずれも奈良市観光協会